まえ  つぎ  日記INDEX
●2月18日 二月の庭


2月の雨が、桜の日々を手繰り寄せるように降っている。 

残り少ない山茶花の花蜜に群がるメジロたちに、

2月の風が、生きて冬をくぐり抜けろ!と檄を飛ばす。

冷酷な寒気団と悪辣な雨雲が手を組んで、

2月の空に冷たい蓋をしたまま居座っている。


2月の庭は、咲き誇るクリスマスローズと白梅の、ささやかな香り。

3月の温かな雨を待ちこがれ、恋焦がれる、白木蓮。

4月の陽気な光りを夢見て眠りつづける、白百合の球根。

5月の浮き立つ風と再会することだけを生き甲斐にしている、宿根草。

そんな2月の庭に迷い込んだイソヒヨドリが、枯木のてっぺんに立ち、

岩群青の羽根を震わせて、しばし、待て! と囀っている。


イソヒヨドリ、お前も寒いだろ? 鳥肌、立ってるよ。

寒い、寒い、2月の正午。カレーうどんが、うまいです。


まえ  つぎ  日記INDEX


inserted by FC2 system