9月09日:伊豆ごはん復活


いろんな方から「伊豆ごはん」を復活してほしいと懇願されて、されて、されて。

日記以外のコンテンツを削除したらHP容量に少し余裕ができたので、

2006年日記の表紙ページにリンクしておきました。「伊豆ごはん」の写真をクリックしてください。


「伊豆ごはん」復活に際して、ひとこと。

「ほんとうにうまいモノは東京にある!」と最初に宣言しておきます。


味覚は人それぞれ。

あなたが美味しいと思っても、私はマズイと言うし、

私が、この店はいいよ♪といくらホメても、あなたはダメだと言う。

だから「伊豆ごはん」に掲載されている店は、

あなたにとって、おいしい店ではないかもしれません。


観光客を、地元の客を、若い人を、老人を、含みのない同質の笑顔で迎え、

店員もまた、にこやかで、きびきび動き、すみずみまで掃除が行き届いている。

食材はいつも新鮮で、料理は決して最後まで手を抜かず、

評判が評判が呼び、列なす客にも決して慢心することなく、

大人が食事をする空間をまじめに創ろうとしている店主がいる。

味と値段とサービスと雰囲気。コストパフォーマンスに勝れた店。

そういう店が好きですね。


お気に入りの店ベスト3

一位:和食・旬席ふみ  ←だんとつ! 今月中旬、ものすごいレポートをお届けします。

二位:蕎麦・花柚  ←有名店の看板なし。独学独立系の心意気。

三位:喫茶・ピクシー&バターノート  ←20世紀美術館通りは「カフェ・ストリート」に変貌中。

イタリアン・鮨・焼肉・・・「該当なし」 ←どこか知りませんか? その後の旬欧亭はどうですか?


最新情報

大室高原・クレープカフェ&ショップ「HAPPAYA」。

ここは建築中から見ていたが、てっきりペンションだと思っていた。

建物は完成したけれど庭が遅れていたので心配したが、

ご主人とおぼしき方が、こつこつ柵を作ったり、植物を植え込んでいるのを何回か見かけた。

商売ベースの店舗の場合、庭はほとんどが業者任せにするが、ここは違った。

そういう手作りの庭がある店です。

フレンチ・ガレット、今度食べに行きます。

この店を最初に紹介した方は「かめ姫さん・9月4日の日記」です。

ここのブログは同年代の方々から支持を受けており、

これから伊豆高原に移住を考えている方にも参考になると思うので、ここも紹介します。くりっく♪

クラタさん、ここが噂のブログですよ。午前中、立ち話したじゃん。覚えてない? ちっ。


とほほ情報

妻が友人と夏のお疲れ慰労会パスタランチに出かけた。

イタリアンのその店は初めてだった。

まずくて、まずくて、まずくて、泣いたらしい。

パスタが伸びきっている。出前のソバか? いまどき長寿庵でもそんなソバはない。

調理人は「東京でレストランを開いてましてね」と、やたら自慢したそうだ。あはは。

伊豆高原にはこういう偽物レストランがいっぱいあるので、

行ってはいけない伊豆の店特集」をやりたいが、

それは反則だから「2ちゃんねる」あたりに実名で書き込んでやろう。

いつか「行ってはいけない伊豆の店」が完成したら、伊豆高原日記のどこかにリンクしておきます。こそ〜り。

あ、うそ、うそ♪


とか言いながらも、タイトルは決まった。

間違いだらけのレストラン選び・伊豆高原編」 ←オレは徳大寺か




inserted by FC2 system