まえ   つぎ   日記


2007年8月-28 モザイクが薄い!



モザイクを薄くした「ビデオ倫理協」を警察が捜索!


警視庁保安課は、アダルトDVDメーカーで作る自主審査機関「日本ビデオ倫理協会=ビデ倫」を、

猥褻性の高いDVDの製作を幇助したとして、猥褻図画頒布幇助の疑いで捜索した。

容疑の対象となったDVDは、同協会の審査を通過したものだが、

モザイク処理を十分に施さない「新基準」そのものの違法性が高いとみて、関係者の刑事責任を追及する方針だ。


ビデ倫に加盟するメーカーのアダルトDVDやアダルトビデオは、

猥褻性が疑われる場合には該当部分をカットしたり、モザイク処理するなどの修整が義務づけられている。

しかし、1990年代後半から「インディーズ」と呼ばれる新興メーカーの過激な作品に人気が集まり、

厳密な審査をする協会加盟社のアダルト作品の売れ行きは伸び悩んでいた。


このため同協会は、モザイクの範囲が狭く、モザイクがすごく薄い作品でも審査を通過させる「新基準」を導入。

警視庁保安課課は、これらのアダルトDVDのうち、とくに修整が甘い、丸見え状態の作品を対象に摘発を行った。


ビデ倫所属の大手ビデオメーカーは、

ビデ倫に所属していないインディーズの作品の方が、よっぽど過激だ。

なぜ、こちらが摘発されるのか…と戸惑っている。


同日午後、同ビル4Fにある中田英寿倫理協会(通称・ヒデ倫)もまた、

いいトシこいて「じぶん探しの旅」を続けている中田英寿の映像に関するモザイク処理が、

世間の常識より甘いとして警視庁生活安全課から厳重注意を受けた。

自分で自分がわからない解離性障害のため、じぶん探しのお忍び旅行をしたり、

モンゴルで朝青龍とサッカー相撲をしているナカタ氏だが、

鮮明な写真やビデオなどで、あっ、世界のナカタだ! とすぐバレたのでは何のためのお忍び旅行なのか。

まったく意味がなくなってしまう・・・という無意味で意味のない意味不明な理由により、

ナカタの映像には、以前にも増して強めのモザイクをかけることになった。


ヒデ倫?

雨が何日も降らず水が枯れること。

そりゃ、●●●だ!


過去のヒデ倫モザイク基準・本人の判別が難しい


最近のヒデ倫新基準 あ、ナカタだ!


厳重注意後のモザイク  ナカタと朝青龍の猥褻シーン




★おもしろモザイク集


チチは大きいが鼻が低いのでモザイク処理されたアケミちゃん


BCGの跡が汚いのでモザイク処理されたキャサリン


黒いモザイクをかけられた人々


モザイクの審査を受ける親子


仙田さんのモザイク処理・1 モザイクなし・毛髪なし


仙田さんのモザイク処理・2 モザイクあり・毛髪なし


仙田さんのモザイク処理・3 モザイクタイルあり・毛髪なし





まえ   つぎ   日記

inserted by FC2 system